ストレッチは時間帯で効果激変!?身体が変わるストレッチのゴールデンタイム

2017/08/15

身体は硬いより、柔らかい方が良い。そのとおりです。ストレッチは家にいても手軽に出来ますが、効果がある時間帯や、どんな風にしたらいいのか、気になりますよね。ここでは、ストレッチに最適な時間帯、身体の変化について見ていきたいと思います。

【身体が硬いと、健康にとっても悪影響...】

身体は硬いが、普通に生活出来ている、と思っているそこのあなた。実は様々な支障が起きているんです。身体が硬いという事は、筋肉が縮まったままの状態。するとこのような症状が出やすくなります。

 

  • 血行が悪くなり新陳代謝が落ちる

  • 肩こり・腰痛・頭痛・むくみ・冷え性

  • ケガをしやすくなる

  • 姿勢が悪くなる

  • 疲れやすくなる

  • 痩せにくくなる

 

身体に悪影響なのは、一目瞭然ですね...

 


ストレッチのゴールデンタイムは夜のお風呂上り!快眠効果も!

ストレッチが最も効果がある時間帯は『夜、お風呂上がりから寝るまで』です。

朝の時間帯は寝ている事により、身体が固まっています。夜のお風呂上がりは身体が温まっているので、筋肉がゆるみ、肉体的にも精神的にもリラックスしています。この時、体内では副交感神経(体をストレスから回復させる自立神経の働きの一つ)が活発になるので、ゆっくりと深呼吸しながらストレッチをすると、快適な眠りにも繋がります。

 


深呼吸をしながら伸ばしてキープ!身体が変わる効果的なストレッチ法
伸ばす目安は各箇所15〜30秒程。強引に力を入れて伸ばすのではなく、痛くて気持ち良い所まで伸ばし、そのままキープします。この時に必ず、深呼吸を忘れない事!
私がよく行っているストレッチは、寝ている状態で壁に足を上げそのまま足を左右にゆっくりと開いていきます。いわゆる開脚の状態です。股関節を柔らかくする事はダイエットにも効果的です。そして、足を高く上げる事によって体液が戻り、むくみ防止にも繋がります。ぜひトライしてみてください。

 

 

「継続」すること!意識を「集中」させること!

大切なことは2つ。まずは継続する事。毎日となると、、、と思ってしまいがちですが、何事も継続は力なりです。少しでもさぼると一瞬で硬い身体に戻ってしまいます。そしてもう1つは、今どこが伸びているのか再度意識し、その部位に意識を集中する事で、より効果的なストレッチが出来るようになるようです。伸ばしている間は、深〜い呼吸をしてしっかりと自分の身体と向き合ってみてください。

【まとめ】ストレッチがもたらす身体の変化を感じる
継続する事で習慣化され、余程疲れている時以外は、ストレッチをしないと寝れなくなってくると思います。身体が硬いけど健康だから大丈夫ではなく、これから先の自分を大切に、まずは今日のお風呂上がりからストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。

 

Facebookでシェア
Twotterでツイート
Please reload

関連記事

Please reload

『URBAN TUBE』にTLWorksが紹介されました!

2019/09/11

1/3
Please reload

PICK UP

ENTRY

新着PR記事

Please reload

新着制作事例

 TLWorks とは

鹿児島県 奄美市 名瀬を拠点に活動するフリーランスクリエイター(ウェブデザイナー)

スマホ対応ホームページ格安制作・各種デザイン・動画制作・SEOライティング等

日本全国どこからでも依頼可能。

現在オウンドメディア運営に奮闘中

BLOG

ABOUT US

奄美大島 フリーランスクリエイター

〒894-0027 日本鹿児島県奄美市名瀬末広町6-12 平田ビル 302

E-Mail: info@tlworks-japan.com

スマホ対応ホームページ格安制作等

  • 奄美大島 格安ホームページ制作『TLWorks』のFacebook
  • 奄美大島 格安ホームページ制作『TLWorks』のInstagram
  • 奄美大島 格安ホームページ制作『TLWorks』のTwitter